お散歩バッグ

0

    お散歩のとき、どんなバッグを使っていますか?

     

    見ていると、小さめのトートバッグを持って出ている方が多そうです。

    動物病院やペットショップなどでプレゼントされる「お散歩バッグ」もそんな形状のものばかりですね。

     

    しかしそれでは片手が完全に塞がってしまいます。

    リードとバッグを手に持って、排泄物の後始末をしたり、ご褒美をあげたりが楽にできるでしょうか?

    しかもリードの先にはわんちゃんという動く生き物がいるのです。

    うっかりリードを取り落として慌てちゃった…なんていう経験はありませんか?

     

    「お散歩バッグ」には両手が空くものがおススメです。

    具体的には、斜め掛けショルダーか、ウエストバッグが適しています。

     

    手にバッグがぶら下がっていると、サッと抱き上げたいときには、わんちゃんのお顔にバッグが迫ってくることになります。

    抱き上げようとすると逃げるのは、もしかしたらお顔に迫りくるバッグが怖いから、というケースもあるかもしれません。

     

    小型犬ならバッグを気にせず抱っこできた方が良いですし、

    中型犬以上だと力もありますから、両手でリードをしっかり持ちたいときもあるでしょう。

     

     

    そんなわけで、お散歩のときは「両手は空けておくに限る!」のです。

    手にはリードをしっかり握って、わんちゃんの安全を確保しましょう。

     

     

    ウエストバッグは、アウトドア関係のお店で見つけられそうです。

    ジョギングやトレッキングをする方が使うものには、ペットボトルを装着できるものもあるようです。

     

     

    うちは犬も大きめなので、ショルダーバッグを愛用しています。

    もう長年おなじものを買い替えては使っています。

     

     

    それがこちら↓

     

     

     

    軽く、汚れがつきにくく、ポケットが多くて便利!

    何より素材が柔らかくて体にフィットする点が気に入っています。

    実はこれがとても重要!

    フィットするから、後ろに回しておけば、かがんでも前方に滑り出ないのです。

     

     

    こんな感じ↓

    かがんでも前にスイングしません

     

     

     

     

    コロンとしたバッグだと、かがんだときに前方にドーンとスイングして、わんちゃんが小さいと顔を直撃してしまう危険があります。

    これは一番気を付けないといけない点です。

     

     

    こんなイメージ↓

    お顔の高さによっては危ないですよね

     

     

     

    我が家愛用の「お散歩バッグ」はこちらで購入できます。

    SAC ONLINE STORE

     

    カラーが豊富なのも魅力です。

    廃盤になっては困るので、是非隠れた人気商品になってほしいな〜と思っています。

     

    お散歩バッグ選びに迷っている方は、是非一度お試しください。

    わんちゃんとのちょっとしたお出かけにもおススメですよ〜。

     

     

     

     


    マイクロチップ

    0

      一つ前の記事で迷子札の24時間装着をお勧めしましたが、それと併せて是非お勧めしたいのがマイクロチップ。

       

      『マイクロチップ』と『迷子札』は、迷子対策の2大必須アイテムです。

       

       

       

      チップはこのようにリーダーをかざして読み取ります

       

       

      マイクロチップは米粒ほどの大きさで、注射をするような感じで皮下に挿入します。

      麻酔はしなくても大丈夫ですが、動物病院で獣医さんに入れてもらいます。

       

      子犬ちゃんも、お散歩デビューまでに入れておくと安心ですね。

      最近では、ペットショップで既にマイクロチップを入れてあるケースもあるようです。

       

      挿入と共に、忘れてはいけないのが『登録』です!

       

      挿入しただけで登録がされていないと、何の役にも立ちません。

       

      以前、行政の動物愛護センターでボランティアをしていたとき、マイクロチップは入っているのに飼い主情報が登録されていない純血種の犬が収容されることがありました。

      ペットショップでチップを入れてあったものの、登録をしていないとこうなってしまいます。

       

      あれ?うちは登録してあるのかな?と不安な方は、一度下記にチップの番号を告げて確認すると良いでしょう。

      → AIPO事務局

      通常、登録が完了するとお知らせのハガキが届きますので、ハガキが来ていれば大丈夫です。

       

       

       

       

      マイクロチップの利点は、わんちゃんの一生に一度だけ入れれば良いこと。

       

      万が一放浪が長くなって、迷子札や鑑札の文字が擦り切れて読めなくなっても、やせ細って首にかけたものが脱落しても、マイクロチップが読み取れなくなることはほぼないと言われています。

       

      現在では全国各地の動物愛護センターにもチップを読み取るリーダーが備え付けられています。

      飼い主さんが探しているのに、知らないところで殺処分になってしまった、他へ譲渡されてしまった、という行き違いも防げます。

       

      夫の仕事の都合で数年間暮らしていた香港では、行政はマイクロチップで個体管理していました。

       

      日本では、阪神淡路大震災時の経験からマイクロチップが広まり始めましたが、まだ義務化には至っていません。

      日本もいずれ、鑑札や注射済票の代わりに、確実で合理的なマイクロチップで個体管理してくれるといいな〜と願っています。

       

      私はリーダーも持っているので、読み取り確認したい方はお申し出頂ければレッスンの際にお持ちします。

      年代ものなので、ずいぶん大きいのですがDocomo_kao8

       

       

       

       

       

      マイクロチップについては、環境省のHPにも詳しく説明が載っているのでご一読下さい。

       

      もうすぐゴールデンウィーク。

      連休にわんちゃんとお出かけのご予定がある方は、その前に装着&登録申請されることをお勧めします。

       

       

       


      迷子札は24時間

      0

        犬を迎えるにあたって、揃えるべきものの一覧表をペットショップで渡された方も多いのではないでしょうか。

         

        いらないだろうな〜と思うものは多々リストアップされているのに、迷子札が・・・ない!

         

         

        カフェやイベント会場に、可愛いお洋服やアクセサリーをつけてお洒落して来ているのに、迷子札は・・・ない!

         

         

        これはとても残念なこと。

         

        迷子札は、絶対必要!と断言できる大切な物です。

         

        だって犬は、自分の名前や家族の連絡先を言えないのですから。

         

         

         

         

        外出中にふとしたはずみに首輪が外れてしまった、ハーネスが抜けてしまった、リードを離してしまった、、、

         

        急にカートから飛び出してしまった、飼い主さんがつまづいて抱っこから落としてしまった、、、

         

        いつもは家から出ないのに、ふとしたはずみに窓や玄関から外に出てしまった、、、

         

        そうして体に何もつけていない状態で迷子になってしまう犬が少なからずいます。

         

        「迷子札を24時間装着しましょう!」とお勧めするのは、迷子札が万が一に備えるための保険だからです。

         

         

         

         

        迷子になって、運よく誰かに捕まえてもらっても、身元がわかるものがなければ連絡しようがありません。

         

        迷子の犬を保護したら、愛護センターに連絡する、警察に届け出る、インターネットで情報を探してみる・・・

         

        世の中のどれだけの人が、そういうことをご存知でしょうか?

         

         

        「この子は捨てられたんだ」と思い込み、善意でそのまま飼ってしまうケースも見受けられます。

         

        きっと自力で帰るだろう、と見送ってしまう人もいるかもしれません。

        (ちなみに犬の帰巣本能はアテになりません。もしもあったらすごくラッキー!くらいに思って下さい)

         

        一刻を争うケガをしていても、治療を受けられない可能性もあります。

         

        アナログな方でも、ご高齢の方でも、犬に関する知識のない方でも、もしも迷子札がついていれば一目瞭然!

         

        きっとまずは連絡して下さると思うのです。

         

         

         

         

        リードをつなぐ首輪やハーネスに迷子札をつけていると、万が一それが抜けたときには残念なことになってしまいます。

         

        可能なら、リードをつながない迷子札専用のチョーカーを用意すると安心です。

         

        今までいろいろなタイプの迷子札を使ってきましたが、現在のお気に入りはこちら↓

         

         

        こちらで購入しました → Chien

         

         

        ペンダント型の下がる物がいらないので、軽くて邪魔にならず、小型犬でも大丈夫そうです。

         

        リードをつながないので、幅の細いものを少しユルめにつけています。

         

        (ゆるすぎるとお口が届いて噛んでしまう子がいるので注意してください)

         

         

         

         

         

         

        心配性なのでDocomo_kao8、子供や高齢者にもわかりやすいように、名前はカタカナにしてもらいました。

         

        迷子になると捜索にも出るでしょうから、連絡先は携帯電話の番号がおススメです。

         

         

        外出時はもちろん、おうちの中でも24時間、迷子札はつけておいてあげましょう。

         

        迷子札は、飼い主さんからわんちゃんへの「見える愛ハート」です。

        きちんとつけてもらっている子を見ると、ああ大切にされているんだな〜と感じます。

         

        もうひとつお勧めしたいマイクロチップについては、次の記事で。

         

         

         

         


        お散歩用ハーネス 〜抜け防止の工夫〜

        0

          「殺処分ゼロ」という言葉が周知され、保護犬を家族に迎える方も増えてきている昨今。

           

          ある程度の大きさがあり、人が怖い!外が怖い!いろいろ怖い!という犬を迎える方、もしくは保護するボランティアさんも少なからずいらっしゃると思います。

           

          そんな子にハーネスは抜けそうで怖い、と心配になるお気持ちはよくわかります。

           

          でも恐怖と不安に加えて、首をギューっと絞められながらのお散歩では、怖がりの犬達の気持ちはどうなるでしょう?

           

           

           

           

           

          そういう子にはしっかりと体を包む、抜けにくいハーネスがお勧めです。

           

          線ではなく、面で覆うタイプのものの方が、身体をホールドされる感覚になり安心感をもたらすこともあります。

           

          *ワッペンは自分でつけました。

           

           

           

          私のお勧めは前胸にもリードをつなげる金具があるハーネス。

           

          *左の物の方が前胸の金具が使いやすいです。

           

           

          ハーネスの前胸の金具とカラーをカラビナでつなげば、万がいちハーネスが外れても犬が放れてしまうことがありません。

           

          *カラビナは大きすぎず軽くて丈夫なものを。

          真ん中の赤いものは迷子札用チョーカー。

           

           

           

           

          カラーはもちろんハーフチョーク。(マーチンゲール、プレミアタイプともいいます)

           

           

          *犬のサイズに合わせてオーダーで作ってくれるネットショップもいくつかあります。

           

           

           

          ハーフチョークカラーは、引っ張られたときに首にピッタリするようにサイズ調整します。

           

          同じハーフチョークカラーでも一部分がチェーンのものは、組み合わせるのに不向きです。

           

           

          *リードがゆるんでいれば首回りに余裕ができます(左)

          緊急時には首ピッタリサイズになるので抜けません(右)

          首が締まることもありません。

          この写真からも、首元に圧がかかると犬が緊張するのがわかります。

           

           

           

          ダブルエンド(両端にナスカン付)のリードを、前胸の金具と背中の金具のそれぞれにつなげると、身体のバランスを取りやすく、逃げようと突進した場合などに止めやすいのも利点。

           

           

          *真ん中の黒いものは2頭引き用のカプラー。

          緑のリードには可動式の持ち手がついています。

           

           

          ハーネスの前後にリードをつないでバランスを取ります。

           

           

           

          前胸に金具がないハーネスの場合は、2頭引き用のカプラーをハーネスとカラーにつなげるのも一案。

           

          ダブルリードの代わりになるうえ、リードの持ち手が2つにならないのでしっかり持ててさばきやすいです。

           

           

           

           

          上のピンクやグレーのハーネスのように、背中にハンドルがついていると、尻込みしたり、パニックになったり、何かの隙間にもぐり込みそうになった時などにも便利です。

           

           

           

          もしもリードが外れたら…と心配な方は、リードのナスカンに、簡単に開かないようなストッパーをつけると更に安心ですね。

           

           

           

           

          とまぁ、ここまで武装しなくても…と思われる方も多いでしょうが、

           

          いろいろと保険が必要な犬がいることも事実です。

           

          状態、状況に合わせて保険を減らしていくことはもちろん可能です。

           

          グッズの工夫で安全と福祉を守りつつ、自信をつけるトレーニングを取り入れていくこと、ご家族との信頼関係を構築していくことが、怖がりの保護犬達が社会に順応するために必要なことだと思います。

           

           

          *このハーネスは少し抜けやすいので注意が必要です。

           

           

          (注)ハーフチョークのカラーはお散歩専用です。普段つけっぱなしにしておくとアゴが挟まったりすることがあるのでお散歩から帰ったら外してあげましょう。

           

           

           


          お散歩用ハーネス

          0

            お散歩にはカラー(首輪)よりハーネス(胴輪)がお勧めです。

             

            犬の身体への負担のかかり方が全然違います。

             

            首をぐいぐい締め上げると、頚椎や気管を痛めたり、眼圧が上がってしまうこともあるようです。

             

            楽しくあるべき飼い主さんとのお散歩で、わんちゃんが苦痛を感じていたり、健康を害してしまったりしたら悲しいですよね。

             

             

             

             

             

             

            お散歩用のハーネスには、実にさまざまなタイプがあります。

             

            残念なことに、お店に並んでいるのはほんの一部。

             

            必ずしも使い勝手の良いものが多く出回っているというわけではありません。

             

            インターネットで検索すると、おお、こんなのが欲しかった!というようなものがいろいろ出てきます。

             

             

             

             

             

             

            ハーネスを選ぶときは、まずはサイズが合っていることが第一条件。

             

            ゆるいと抜けてしまって危険です。

             

             

             

            次に犬の体型にフィットしていること。

             

            背中の広い子、細身だけど胸囲が大きい子、足の短い子・・・。

             

            それぞれの体型に合った形のものが抜けにくく、わんちゃんにとっても快適です。

             

             

             

             

             

             

             

            前足の付け根の皮膚が擦れやすい、気管が弱くて咳が出やすい、などの身体的なお悩みも、選ぶハーネスによって軽減できます。

             

             

             

            例えば、頭を通すのが苦手、足を持たれるのが苦手、という場合も

             

            頭を通したり、足を持って穴に入れなくても装着できるデザインのハーネスが存在します。

             

            毎回、嫌な思いをしながらハーネスをつけるより、負担の少ないものを選んだ方がお互いのためですね。

             

             

             

            犬の身体のバランスを取ることで、引っ張りを軽減できるものもあります。

             

            ハーネスで身体をしっかりサポートすることで、怖がりな子のドキドキが落ち着くこともあります。

             

             

             

             

             

             

            ハーネスは毎日使うもの。

             

            わんちゃんにピッタリの物が見つかれば、お散歩がもっともっと楽しくなるに違いありません。

             

            買ってみたけどイマイチだった汗ということもあるかもしれませんが、いろいろ試してみるのも楽しいですよ。

             

             

            抜け対策については、次の記事に続きます。

             

             

             

             


            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM