お正月と犬と子供

0

    ずいぶんと更新をさぼってしまいました。

     

    気が付いたらもう年末。

    ということで、この時期の注意点を書いてみます。

     

    犬連れで移動したり、何かと人の集まる年末年始。

    いろいろなサイトで飼い主として注意するべきこと(拾い食い、ケガ、迷子など)が紹介されていて、読まれた方も多いと思います。

     

    なのでそれ以外でひとつ。

    「犬と子供について」です。

     

    年末年始は、犬が同居していない子供たちと接する時間が長くなります。

    同居していないお孫さんも、おばあちゃんにとっては家族。

    でも犬にとっては同居していなければ家族ではありません。

    それなりの緊張感や警戒心は、あって当然です。

     

    子供たちも犬を見て、最初はおっかなびっくり。

    「あっちいけ〜!」とばかりに歯をむいて吠える犬や引きこもってしまう犬なら、大人たちも配慮するし、子供たちもそれ以上近づかないでしょうから、問題は起きにくいかもしれません。

     

    一番注意してあげなくてはいけないのは、「フレンドリーな犬」「おとなしい犬」です。

    なでたり、抱っこできたりすると、子供たちはだんだん大胆な行動をし始めます。

    耳やしっぽを引っ張ったり、正面からのぞき込んだり、何度も足を持ち上げたり、鼻をいじったり、覆いかぶさったり…。

    それらは大抵、犬にとっては嫌なことです。

    そのうえなかなか放してもらえず、延々と続いてしまったりします。

     

    優しくなでてくれるなら嬉しいよ、少しの抱っこならいいよ、のつもりだったのに、

    エスカレートしてきて次に何をされるかわからない、いつ終わるのかわからない…となると、犬にとっては大きなストレス。

    我慢の限界が訪れたとき、思わぬ事故が起こります。

     

    犬にとっては「嫌だよ!」「怖いよ!」「もうやめて!」の意思表示が、大きな悲劇になることもあります。

    小さな子供の動きが、思いがけず犬の捕食衝動を駆り立ててしまうこともあります。

     

    それはその子が悪い犬だからでしょうか?

     

    いえいえ、忘れてはならないのは大人の管理責任です。

    ・子供に犬との接し方を教えてあげる

    ・犬に無理をさせないように、守ってあげるのは自分だと自覚する

    ・犬と子供だけにして目を離さない

    これがとても大切です。

     

     

    子供に対しては具体的な指示をしてあげると良いでしょう。

    たとえば「おやつをあげてね」ではなく「背中を伸ばして、手をお皿にしておやつをあげてね」というように。

     

     

     

     

     

     

     

     

    『犬の天敵は子供』という言葉もあります。

    犬にとっても子供にとっても楽しい交流にするには、大人のお手伝いが必要です。

    笑顔の裏で、常に監視と犬目線のサポートをお忘れなく。

     

     

     

     

     

     


    花火大会

    0

      今日はあちこちで花火大会があったようです。

       

      みなさんは花火大会が好きですか?

       

      好きですよね〜、きっと。

      もちろん私も大好きです。

       

       

       

       

       

       

      では、みなさんのわんちゃんは花火大会が好きですか?

       

      嫌いですよね〜、きっと。

      嫌いというより「恐ろしくてたまらない」と言った方が良いかもしれません。

       

       

      わざわざ集まり、夜空に上がる花火を見て「きれい!」なんて思うのは人間だけ。

       

      犬に限らず、多くの生き物たちが、その恐ろしさに震えているだろうことに思いを巡らせている方はどのくらいいるでしょうか?

      野生動物の中にはショック死してしまうものがあってもおかしくない。

      生き物たちにとっては、理解を越えた天変地異みたいなものです。

       

       

      もちろん個体差があって大して気にしない犬もいますが、打ち上げ場所が近いほど、音は大きく、振動も伝わります。

       

      犬は人間以上に、その音や振動、そして燃える火薬のニオイも感じ取っているはず。

      怯えてしまって当然です。

       

       

      ではどうするか?

       

       

      まずはパニックになって逸走しないように、できる対策はすべてして厳重に注意することが肝要です。

      花火大会のあとは、その地域の動物愛護センターに収容される犬が増えることをご存知ですか?

       

      外飼いのわんちゃんは、玄関に入れてあげるなどの配慮が必要でしょう。

      室内飼いでも、一戸建てや低層階の場合は網戸では危険です。

       

       

      窓をしっかり閉める、雨戸もあるなら閉めてあげると、入ってくる音を軽減できます。

      テレビや音楽を大きめにつけておくのも一案です。

      飼い主さんが歌ってあげてももちろんOK。

       

      飼い主さんはリラックスして朗らかに、わんちゃんにとびきりの食べ物をあげます。

      知育トイが使えそうなら、美味し〜いものを時間をかけて舐められるように仕込んであげるのも良いでしょう。

      夢中になれる大好きなおもちゃや遊びがあれば、それで相手をしてあげてもいいですね。

      これらは花火の間じゅう、提供し続ける必要があります。

      花火大会の時間が長いとちょっと大変かもしれませんが…。

       

      抱っこで落ち着ける小型犬なら、抱っこしていてあげると良いでしょう。

      体をホールドすると安心するなら、ピッタリめのお洋服や「サンダーシャツ」と言われる特別なウエアを利用する手もあります。

       

       

      うちの3頭ではリンが一番怯えます。

      大好きな食べ物も食べられなくなってしまいます。

      遊びなんてもちろんダメ。

      瞳孔は開き、口を閉じたりパンティングしたりを繰り返し、うろうろオロオロ、ガタガタと全身の震えが止まらなくもなります。

      ムギは不安げな顔をする程度で、美味しいものでフォローできています。

      マイは比較的落ち着いています。

       

      いろいろ試しましたが、リンにはお薬(サプリメント)を使うことにしました。

      それが一番助けになるようです。

      カミナリも同様に怖がりますので、その時も使います。

      花火大会はカミナリと違って開始&終了時間がわかるので、投薬のタイミングをつかみやすいです。

      興味がある方は、獣医さんに相談してみて下さい。

       

       

      初めての夏を迎える子犬やジュニア犬には、おやつやおもちゃを使って「花火大会=美味しい、楽しい=ハッピー!」と印象づけてあげましょう。

      過度な怯えの予防になります(ただし個体差があります)。

       

       

      我が家周辺の今日の花火大会は、それでも離れた場所でしたので、そこそこ無難にやり過ごすことができました。

      一難去って、少しホッとした様子のリンムギです。

      いやいや、リンはまだ疑っている顔かな?

       

       

       

       

       

      怖いものを「地震/雷/火事/親父」と言いますが、

      花火はまさに、地震のような振動&雷のような音&火事のようなニオイ、のもの。

      怖いもの3つがセットになっている、犬にとってはなかなか迷惑なシロモノです。

       

       

      ちなみに「親父」は「台風」のことだそうです。

      怖いものが「地震/雷/火事/飼い主」になってはいけませんから「オヤジ」じゃなくて良かったです。

       

       

       


      日課を苦手にしないために

      0

        お散歩の前後は日課のオンパレード。

         

        決まってやることがあり、しかも手順も毎回同じ、という方がほとんどです。

         

         

        お散歩前なら、決まった場所からグッズを取り出し、ハーネスやお散歩用首輪やリードをつける・・・

         

        お散歩後には、それらを外す、足を拭く、お水を飲ませる・・・

        なかにはブラッシング、身体を拭く、などのケアも続けて行っている方もいるでしょう。

         

        それらを行う場所も、玄関やリビングや洗面所など、いつの間にか決まっているはずです。

        言われてみれば、わんちゃんとの向き合い方や位置関係も、どの足から拭くかも、無意識のうちに同じだったりします。

         

         

        毎日決まってやることは、わんちゃんも次に起こることの予測がつき、心の準備をしやすくなります。

         

         

        ・・・で、あるならば・・・

         

        「やばい!また嫌なアレが始まるよ。なんとかして逃げなくちゃ!」ではなく、

         

        「次はアレだね、ワクワク♪」だったり、

         

        「あ〜、次はアレでしょ〜、知ってるよ」と平常心で受け入れられる、

         

        そんな日課にしてあげたいものです。

         

         

        うちの場合、お散歩から帰ったらお風呂場で足を洗って歯を磨き、最後に足を拭いてから解放、がお決まりのコースです。


        お風呂場は広くもないので、いつもは名前を呼んで1頭ずつ入ってきてもらっています。

         

         

        この日は、私が何かちょっと他のことをしていたばっかりに、

         

        気がついたら入っていました。

         

        半開きのドアを押し開け、2頭一緒にDocomo_kao8

         

        せ、せまいじゃないかい!

         

         

         

         

         

        お風呂場に入ったらフードを1粒(ちょっとケチかな汗)進呈するのが、彼らとのお約束。

         

        「来てくれてありがとう」の感謝のしるしです。

         

        たったそれだけのことで、こんなに嬉しそうに毎日自分からやってきてくれるならば万々歳!

         

        たかが1粒、されど1粒。

         

        ずいぶんと価値のある貴重な1粒ということになります。

         

         

         

        日課を苦手にしないために、わんちゃんが好きな食べ物を上手に利用するのも一案です。

         

        効果的に使うには、その子の今の状況に合わせて、フードを出すタイミング、位置、頻度などを考えてみることも大切。

         

        そしてステップアップに伴い、それらを少しずつ変えていくこともまた有意義だったりします。

         

        家庭犬しつけインストラクターとして、そのようなことも個々に合わせてアドバイスさせて頂いています。

         

         

        何気ない毎日が、人と犬にとって、幸せな時間の積み重ねでありますようにき

         

         

         

         


        おもちゃを使ってコミュニケーション

        0

          パピーやジュニア犬に多いご相談に「手をじゃれ噛みする」というものがあります。

           

          そんなときはまず、いつもわんちゃんとどんな風に遊んでいるか、思い返してみて下さい。

           

          手をひらひらさせたり、わんちゃんの体を押したりして、手遊びしていませんか?

           

           

          人が手を使うように、犬は口を使います。

           

          口には当然歯が生えています。

           

          双方が楽しく遊ぶために、一緒に遊ぶときは素手ではなく、おもちゃを使うのがおススメです。

           

           

           

          「一緒に楽しく遊ぶ」ことは素晴らしいコミュニケーションで、絆が深まります。

           

          犬と人はもちろんですが、犬同士もおもちゃを使って遊ぶんですよ。

           

          楽しい「引っ張りっこ」はひとりではできませんからねぇ。

           

           

           

           

           

           

           

          特に同居犬の場合、遊びを通してお互いへの理解を深め、信頼関係ができていくのが観察できます。

           

          (場合によって、人間のサポートが必要な場合もあります)

           

           

           

          同じおもちゃを追うことも遊びのひとつ。

           

           

           

           

           

           

          でもやっぱり引っ張りっこの方が、信頼関係づくりには役立っているように感じています。

           

           

           

           

           

           

           

          時にはおもちゃを使って引っ張りっこに誘うこともあります。

           

           

           

           

          相手が乗り気じゃないときは、わざと床に置いたりしていますね。

           

          おもちゃでの遊びを誘うときの良いお手本になりそうです。

           

           

          わんちゃんと遊ぶときは、長めのおもちゃの方が、間違って歯が当たったりしなくて良いでしょう。

           

          わんちゃんとの遊び方のアドバイスも行っております。

           

          既に物守りなどの行動が見られて楽しく遊べない場合もご相談下さい。

           

           

           

           


          爪切り

          0

            我が家は3週間に1度ほどの頻度で爪切りをしています。

             

            その昔、先代犬モモの一件で懲りて以来、

             

            足を持たれることや爪切りに、良い印象を持ってもらうことに力を入れてきました。

             

             

             

            おかげで今や、爪切りの気配を感じると、集まる、集まる。

             

             

             

            我先にといった感じで、逆に交通整理が必要になっていますDocomo_kao8

             

             

             

             

            順番を決めたら、それぞれ切りやすい姿勢でいざ爪切り開始。

             

             

            リンとムギは抱っこで。

             

             

             

            大きなマイは床で。

             

             

             

             

            前足の爪を切る時は、「ゴロン」の合図でさらに寝転がってもらいます。

             

            *落ち着いて姿勢が保てるように、他の子とパーテーションで仕切っています。

             

             

             

            最初は大好物のチーズなどを使いながら切っていましたが、今ではドライフードでも喜んで切らせてくれるようになりました。

             

            とはいえ、この先もご褒美なしで切らせてもらうつもりはありません。

             

             

             

            犬にとって爪切りなんて嫌で当然。

             

            まずは大好きな食べ物をどんどん食べさせながら、

             

            一度に全部なんて言わずに、ご機嫌よく切らせてくれる本数だけ、

             

            「平和に終わらせること」を目標に始めるのがおススメ。

             

            足を引っ込めるなら、ギュッとつかまずに引っ込めさせてあげて

             

            委ねてもいいかな〜と力を抜いてくれるのを待ちます。

             

            沢山褒めてあげて、優しく鼻歌なんかを歌っちゃうのもいいですね〜。

             

            和やかな雰囲気は、飼い主さんにとっても、わんちゃんにとっても大切です。

             

             

             

            難しいなと思われる方は、トリミングサロンや動物病院にお願いするのもアリ。

             

            無理に自分で切ろうとして大切な関係を壊してしまうより、ずっと賢い選択です。

             

            既に、咬む、唸る、歯を当てるなど、心配な行動が見られる場合は

             

            わんちゃんを押さえつけたり、首を絞めたり、怒って我慢させるのではなく、

             

            爪切りが好きになるような方法を教えてくれる専門家にご相談下さい。

             

             

             

             

             


            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM