お散歩での吠えかかり 〜脱ミーアキャットのすすめ〜

0

    お散歩中に他犬に吠えかかってしまう。

    これは良く聞くお悩みのひとつです。

     

    実際、うちのご近所でもそういうわんちゃんは珍しくありませんし、

    若い頃のマイもそうでした(体が大きいのでかなりの力と迫力でした)

     

     

    「他の犬が苦手だから追い払いたい!」そういうわんちゃんの気持ちは仕方ありません。

     

    飼い主としてできることは、気持ちに余裕のないわんちゃんが吠えかかるという行動を取らずにすむように、サポートをしてあげること。

    まずは、気持ちの平静さを保てる(=吠えかからずにいられる)他犬との距離をキープしてあげることが大切!

     

     

    なのですが・・・

     

     

    実際は、立ち止まって他犬が近づいているのをじーっと見ている飼い主さんをお見受けすることも少なくありません。

    「あの犬こっちに来るな。きっとまた吠えちゃうよ。困ったな。」

    心の中では、そんなことを考えていらっしゃるのかも知れません。

     

    そしていよいよ「吠えちゃうゾーン」に他犬が入ってきて、わんちゃんが前に出て吠える。

    飼い主さんはリードを引っ張り返して怒る。

    わんちゃんはますます訳が分からなくなったように吠える。

    この繰り返しでは何も変わりません。

     

     

    飼い主さんとわんちゃんが並んで立って同じものを凝視している姿を見ると、

    私はいつもミーアキャットを思い出します。

    みんなで並んで警戒している、こんな感じ↓の動物です。

     

     

     

     

     

     

    わんちゃんにとって、飼い主さんは一緒に歩いている仲間、家族です。

    その人が足を止めてドキドキしながら凝視しているものに対しては、不安がいっそう募ってしまうことでしょう。

     

     

    ミーアキャットみたいに、わんちゃんと不安な気持ちをシンクロしないこと。

    他犬に気づいたら、穏やかな声でわんちゃんを誘い、すぐに離れる方向に動くこと。

    リードでぐいぐい引っ張るよりも、わんちゃんが大好きなおやつをうまく利用して穏便に動くこと。

     

    狭い路地等では、相手の方に声をかけると良いでしょう。

    「どちらに進まれますか?」「私はこちらに曲がります」「では少し戻って待っていますね」など。

    言葉が通じる人間同士なのですから、声をかけて損はないはずです。

     

    他犬に近づきたいのに思うようにいかず吠える子の場合も同様です。

    (飼い主さんが「犬好きで遊びたいの」と形容されることが多いケースです)

    犬に会っても遊べる時と遊べない時があります。

    遊べないときは飼い主さんとスマートに歩き続けることができるようになるといいですね。

     

     

    どれか1つでも実践できそうなことがあったら、是非試してみて下さい。

     

     

    次の記事では、お散歩中にアテンションを取るための練習について書こうと思っています。

     

     

     

     


    お散歩で他犬とすれ違う

    0

      一つ前の記事で、無理に他の犬と仲良くさせようとしなくていいんですよ〜というお話を書きました。

       

      パピークラスやパピーパーティーで犬同士を遊ばせるのは、みんながまだ乳歯の子犬だからです。

      警戒心が薄く、ものごとを受け入れやすい社会化期だからです。

      それでもすべて子犬任せで放置せず、運営者(インストラクターやトレーナー)は細心の目配りをしているはずです。

       

      そして子犬はいつまでも子犬のままではありません。

      成長に伴って他者(他犬)への認識や関わり方が変わってくるのは人間と同じです。

      それがわからないと、既に大人の歯になったわんちゃんに、いつまでも子犬のように遊びの輪に入って無邪気に遊ぶことを期待してしまうのです。

       

       

      もしもあなたのわんちゃんが、犬が好き!な子なら

      次は他犬に会った時に家庭犬として好ましい行動が取れるようなトレーニングに進みましょう。

       

       

      もしもあなたのわんちゃんが、犬が苦手!な子なら

      それでも大丈夫!

      同じく、他犬に会った時に家庭犬として好ましい行動が取れるようなトレーニングに進みましょう。

      そう、ここでまた同じスタートラインに立てるのです。

      無理に他犬フレンドリーな子にしようとせず、先に進んで良い…むしろさっさと進んだ方が良いのです。

       

       

      お散歩で、前方から他の犬が来る場面を想像してください。

      あなたのわんちゃんはどんな行動をとりますか?

      スマートにすれ違うことができそうですか?

       

       

      もともと他犬にあまり関心を示さないなどでサラッとすれ違いができるなら…おめでとうございます!

      わんちゃんが自力でクリアしてくれるなんて、こんなにラッキーなことはありません。

      「おりこうさんね」とニッコリしてあげると良いでしょう。

       

       

      近寄ろうと興奮する、もしくは、追い払おうとガウガウ吠える、などの場合はトレーニングを始めるといいですね。

      飼い主さんもサポートの方法を学ぶ必要があります。

      ただし、リードを引いてショックを与えるというような体罰的な方法はお勧めしません。

      犬と会うたびに痛みと衝撃に襲われたら、犬自体に強い恐怖を感じるようになってしまいかねません。

      不安を感じやすい子には絶対にNGです。

       

       

      良くお見かけするのが「ポチだめよ、吠えたらだめよ、NO!NO!、ポチ〜っ!!(ガウガウ)ダメ〜!!!」というパターン。

      これでは何も変わりません。

       

       

      まずは他の犬が近くにきたときに、飼い主さんに集中できることがポイントです。

      落ち着いてご褒美を食べられるようなら、次のステップに進めます。

      「なんだをエサを食べるのか」なんてバカにしてはいけません。

      気になる刺激の中で飼い主さんの方を向いて食べる…これもまたトレーニングが必要な子には大変なことなのです。

      ここまでくるのにいくつものステップが必要な子もいます。

       

       

       

      トレーニング過程の一例>

      マイは絶叫しながら他犬に飛びかかっていってしまう子でしたが、

      今は相手に吠えられても普通に歩き続けすれ違うことができます。

      犬が来るとニコニコと私を見上げてくれるようにもなりました。

       

       

       

      その子にとって無理のないステップを踏み、コツコツと練習を続ければ必ず実を結びます。

      他犬が来たらママとの間に嬉しいことがあった、という経験を増やしてあげられるといいですね。

      わんちゃんの行動を制御することより、気持ちを整えてあげることの方がずっと大切です。

       

       

       

      〜犬好きなわんちゃんの飼い主さんへ〜

      世の中にはいろいろな個性を持った犬がいます。

      ご自分のわんちゃんが他犬フレンドリーだとしても、他犬に会ったときにリードをスルスル伸ばすのはやめましょう。

      近寄りたかったら「ご挨拶させてもいいですか?」と聞いてからにすることをお勧めします。

       

       

       

       

       


      「社会化」≠どんな犬とも仲良く

      0

        まず先にお伝えしておきたいことがあります。

         

        犬の「社会化」=「どんな犬とも仲良くできるようにすること」ではありません。

         

        「社会化」という言葉はだいぶ広まってきましたが、「社会化」ってなに?というところを上記のように誤解されている方が意外と多いように感じています。

         

         

        「社会化」とは、社会の中のいろいろなモノ・コトに慣らして、社会の一員としてふさわしい振る舞いができるようになること。

        いちいち驚いたり怖がったり、変に興奮することなく、平常心を保つためのベースを育むことが目的です。

        心の安定は幸せな暮らしに直結します。

        みなさんのわんちゃんは人間社会で暮らしているわけですから、「犬」は慣らすべきたくさんのモノの中の1つに過ぎず、「社会化トレーニング」のすべてではありません。

         

         

        社会化のために他の犬と少しでも多く会わせなくちゃ!と思っているなら、いやいやちょっと待って〜。

        慣らすためだ!と、その対象にただ「さらす」ことをしていると、むしろますます苦手になったり、困った行動につながるリスクがあるんです。

         

        お散歩で犬を見かけたら挨拶させるために必ず近寄る、犬が多く集まるドッグランに通う、それらは望ましい社会化トレーニングとは言えません。

         

        特に既に他犬が苦手になっているわんちゃんの場合は、吠えかかりや攻撃的な行動を助長してしまう可能性があります。

        自分の安心のために必要な「相手との距離」を確保するために必死になってしまうのです。

         

        と、ここまでは他犬が苦手なわんちゃんの場合。

         

         

        実は、犬好きと思われているわんちゃんも同様です。

        お散歩中に犬を見れば近寄りたくてグイグイ、ワンワン。

        無遠慮に突進して、相手の子が嫌がっているのもお構いなしで、しつこくお尻を嗅いだり、飛びついたり…。

        これもまた、気持ちのコントロールが取れている状態とは言えませんよね。

        相手によっては思わぬ事故につながることもあるかもしれません。

         

         

        他犬に対して、ネガティブな気持ちにせよ、ポジティブな気持ちにせよ、過剰に反応するようになってしまっているとしたら、「他犬に会った時にどうするか」を考え直してみるとき。

        今までやってきたことは本当に役立っていますか?

        自分が思い描く理想の姿に近づいているでしょうか?

         

         

         

         

         

         

        他の犬と仲良くさせなくちゃいけない、という思い込みに縛られないでください。

        仲良くできなくても、その子は「悪い子」ではありません。
        たとえ犬のお友達がいなくても、飼い主さんが良き家族、友達、パートナーであれば、わんちゃんは幸せです。

        可哀想だなんて決めつけないでくださいね。

         

         

         


        トイレ問題で絶望することなかれ

        0

          「トイレができない!」は、よく聞くお困りごとのひとつです。

           

           

          本来、犬にとっては、好きな時に好きな場所で排泄するのが自然な行動です。

          おうちに来たその日から「トイレシートの上で排泄する」ことを習慣化するべく、「集中して教えて」あげるのが理想。

          「トイレシートの上で」して欲しいのは人間の都合なので、わんちゃんにわかりやすいように丁寧&親切に教えてあげたいものです。

           

          しかし排泄の機会を効率良くとらえてサクサク教えられるかどうかとなると、自己流では難しいのも当然です。

           

          うまく教えられなくても飼い主さんが悪いわけでも、わんちゃんが悪いわけでもありません。

          「教え方がわからない!」と思ったら、迷っていないでお早めにご相談頂くのが一番です。

          失敗を重ねるとそちらが習慣となってしまい、新しい習慣を作るのに時間がかかることも…。

          トイレができないばっかりに、可愛いはずのわんちゃんのことを嫌いになっては困りますからね。

           

          トイレの成功のために大切なことは2つあります。

          ヾ超設定

          △錣鵑舛磴鵑法何が正解かをきちんと伝えること

           

          「わんちゃんができない」ことばかりに気が行きがちですが、実は環境設定がとても大切。

          だから,暴颪ました。

          まずはわんちゃんが成功できるように、お膳立てを十分にする必要があります。

          そのためには、訪問型のインストラクター(トレーナー)をご自宅に呼んだ方がいいでしょう。

          トイレの設置場所・広さ・形状、わんちゃんの個性・生活空間・動線、飼い主さんとの関わり方を拝見することで、失敗の原因や成功するために必要なことが見えてきます。

           

          △砲弔い討蓮◆崋最圈廚鯏舛┐訖佑和燭い里任垢、意外と「正解」を伝えられていなかったりします。

          「正解」を伝えることこそがトイレに限らず、トレーニング全般の鍵となります。

           

           

          トイレの失敗と言ってもさまざまな要因が考えられます。

          知っておいて頂きたいことを下記にいくつか記載してみます。

           

          ☆失敗を怒らない。

          できないのは、わんちゃんのせいではありません。

          環境面のお膳立ては足りていましたか?

          成功へのフォローは適切でしたか?

          まずは振り返ってみましょう。

           

          ☆いつどこで排泄したかを記録してみる。

          うちの子の排泄のタイミングがわかれば、トイレに誘導しやすくなるでしょう。

           

          ☆トイレシートを取り替える頻度を考える。

          トイレシートが少しでも汚れていると、それを外すきれい好き(?)な子も意外と多いもの。

          ネットなどで散見する「シートに少しおしっこをつけておく」という方法が裏目に出ているケースもあります。

          いろいろ工夫してみて「うちの子にぴったりの方法」を見つけてあげることも早道です。

           

          ☆トイレの場所を考える。

          まずはトイレシートの上にしてもらうことが優先事項。それがしっかり身につけば、場所はどうにでも動かせます。

           

          ☆いくらなんでも排泄が頻繁すぎる!と思ったら、まずは動物病院へ。

          泌尿器系の病気が原因で頻尿になっている可能性もあります。

           

          ☆避妊去勢手術はしてありますか?

          男の子のマーキング行動はよく知られていますが、女の子も発情期の頃になるとそのような行動をとる場合があります。

          他のいろいろな面でも、わんちゃんのために避妊去勢手術はして欲しいと考えています。

           

          ☆わんちゃんの精神状態を考える。

          なんらかの原因でわんちゃんが不安を感じている場合、落ち着くために排尿することもあります。

          トイレができないからとイライラをぶつけたり、暗い顔をしていませんか?

           

          ☆失敗したときにどうしている?

          「失敗したときには黙って片づける」というのが周知されつつありますが、黙っているつもりでも「あ〜あ」とため息をもらしたり、わんちゃんを見たり、ぞうきんをひらひらさせたり、片づけるためにわんちゃんの方に近寄ったりといった思わぬ行動がわんちゃんにとってご褒美になっていることもあります。

          自分はいつもどうしているか、ご家族に聞いたりするのもいいですね。

           

          ☆成功したときにどうしている?

          せっかくの成功、わんちゃんが嬉しくなるような褒め方をしていますか?

          私は銅メダル・銀メダル・金メダル方式でご説明しています。

          目標は「フリーの状態でも自分からトイレシートに行って排泄する」ことです。

          サークルに入れっぱなしの生活で「サークルの中ではできた」は、本当に身についているとは言えません。

           

           

          トイレについては個体差があり、何も教えていないのに最初からできた!というわんちゃんもいれば、苦戦する子、ブリーダー放棄犬などでマーキング癖がどうしても抜けない子、もいます。

          よその犬や先住犬と比べて焦ったりしないで、その子と共にトイレ問題を克服していく気持ちで取り組んで行かれることをお勧めします。

           

          最初からすんなりできちゃったわんちゃんの飼い主さんは、宝くじに当たったくらいの幸運を感謝しましょう。

           

           

          写真がないまま書き連ねてしまって、読んで頂いた方もお疲れになったことでしょう。

          最後にマイのハッピースマイルをお届けします(室内ではなくドッグランですが…)。

          本来、排泄は気持ちの良いもの。

          室内でも気持ちよくトイレができるように、お手伝いしてあげましょう。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          基本の「き」はお名前から。

          0

            「家庭犬のしつけ・トレーニング」の基本の「き」というと、どんなことを思い浮かべますか?

             

            おすわり、待って・・・みたいなことじゃない?という方が多いかも知れません。

             

            お手、おかわり・・・なんて言う方もいそうな感じです。

             

             

             

            私が大切にしたい基本の「き」は、

             

            『名前を呼んだらこちらを見てくれる』こと。

             

            しかも、「なぁに〜?」と期待を込めて。

             

             

             

             

            こちらを見てくれれば、次のお願い(おいで、おすわり、待ってなど)も伝わりやすくなりますね。

             

             

            「呼ばれた、やばい!」「まずい!」「怖い!」であってはいけません。

             

            そういう気持ちにさせてしまうと、名前を呼ばれると顔をそむけたり、逃げたり隠れたりするようになってしまいます。

             

             

            名前は、なんとなく覚えるものだと思っていませんか?

             

            実はトレーニングの基礎として、短期間でしっかり教えてあげることができるんです。

             

             

            私たち人間が、自分の名前を呼ばれると反射的に振り返ってしまうのと同じように

             

            わんちゃんがしっかり自分の名前に反応できるようになれば

             

            拾い食いを未然に防いだり、犬や人に吠えかかるのを回避することなどにも、つなげていくことができます。

             

             

            慣れた環境、誘惑がない場所では、簡単に耳に届いていた名前も、

             

            騒がしい場所、慣れない環境、気になるものが多い状況だと、わんちゃんにとっては、これがまた急に難しくなります。

             

             

            少しずつステップアップするための練習方法や、難しい環境でのフォローの仕方も、飼い主さんに学んで頂けたらいいなと思っています。

             

            日々の生活に役立つこと間違いなし!です。

             

             

             

             

             


            | 1/3PAGES | >>