日課を苦手にしないために

0

    お散歩の前後は日課のオンパレード。

     

    決まってやることがあり、しかも手順も毎回同じ、という方がほとんどです。

     

     

    お散歩前なら、決まった場所からグッズを取り出し、ハーネスやお散歩用首輪やリードをつける・・・

     

    お散歩後には、それらを外す、足を拭く、お水を飲ませる・・・

    なかにはブラッシング、身体を拭く、などのケアも続けて行っている方もいるでしょう。

     

    それらを行う場所も、玄関やリビングや洗面所など、いつの間にか決まっているはずです。

    言われてみれば、わんちゃんとの向き合い方や位置関係も、どの足から拭くかも、無意識のうちに同じだったりします。

     

     

    毎日決まってやることは、わんちゃんも次に起こることの予測がつき、心の準備をしやすくなります。

     

     

    ・・・で、あるならば・・・

     

    「やばい!また嫌なアレが始まるよ。なんとかして逃げなくちゃ!」ではなく、

     

    「次はアレだね、ワクワク♪」だったり、

     

    「あ〜、次はアレでしょ〜、知ってるよ」と平常心で受け入れられる、

     

    そんな日課にしてあげたいものです。

     

     

    うちの場合、お散歩から帰ったらお風呂場で足を洗って歯を磨き、最後に足を拭いてから解放、がお決まりのコースです。


    お風呂場は広くもないので、いつもは名前を呼んで1頭ずつ入ってきてもらっています。

     

     

    この日は、私が何かちょっと他のことをしていたばっかりに、

     

    気がついたら入っていました。

     

    半開きのドアを押し開け、2頭一緒にDocomo_kao8

     

    せ、せまいじゃないかい!

     

     

     

     

     

    お風呂場に入ったらフードを1粒(ちょっとケチかな汗)進呈するのが、彼らとのお約束。

     

    「来てくれてありがとう」の感謝のしるしです。

     

    たったそれだけのことで、こんなに嬉しそうに毎日自分からやってきてくれるならば万々歳!

     

    たかが1粒、されど1粒。

     

    ずいぶんと価値のある貴重な1粒ということになります。

     

     

     

    日課を苦手にしないために、わんちゃんが好きな食べ物を上手に利用するのも一案です。

     

    効果的に使うには、その子の今の状況に合わせて、フードを出すタイミング、位置、頻度などを考えてみることも大切。

     

    そしてステップアップに伴い、それらを少しずつ変えていくこともまた有意義だったりします。

     

    家庭犬しつけインストラクターとして、そのようなことも個々に合わせてアドバイスさせて頂いています。

     

     

    何気ない毎日が、人と犬にとって、幸せな時間の積み重ねでありますようにき

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM