お正月と犬と子供

0

    ずいぶんと更新をさぼってしまいました。

     

    気が付いたらもう年末。

    ということで、この時期の注意点を書いてみます。

     

    犬連れで移動したり、何かと人の集まる年末年始。

    いろいろなサイトで飼い主として注意するべきこと(拾い食い、ケガ、迷子など)が紹介されていて、読まれた方も多いと思います。

     

    なのでそれ以外でひとつ。

    「犬と子供について」です。

     

    年末年始は、犬が同居していない子供たちと接する時間が長くなります。

    同居していないお孫さんも、おばあちゃんにとっては家族。

    でも犬にとっては同居していなければ家族ではありません。

    それなりの緊張感や警戒心は、あって当然です。

     

    子供たちも犬を見て、最初はおっかなびっくり。

    「あっちいけ〜!」とばかりに歯をむいて吠える犬や引きこもってしまう犬なら、大人たちも配慮するし、子供たちもそれ以上近づかないでしょうから、問題は起きにくいかもしれません。

     

    一番注意してあげなくてはいけないのは、「フレンドリーな犬」「おとなしい犬」です。

    なでたり、抱っこできたりすると、子供たちはだんだん大胆な行動をし始めます。

    耳やしっぽを引っ張ったり、正面からのぞき込んだり、何度も足を持ち上げたり、鼻をいじったり、覆いかぶさったり…。

    それらは大抵、犬にとっては嫌なことです。

    そのうえなかなか放してもらえず、延々と続いてしまったりします。

     

    優しくなでてくれるなら嬉しいよ、少しの抱っこならいいよ、のつもりだったのに、

    エスカレートしてきて次に何をされるかわからない、いつ終わるのかわからない…となると、犬にとっては大きなストレス。

    我慢の限界が訪れたとき、思わぬ事故が起こります。

     

    犬にとっては「嫌だよ!」「怖いよ!」「もうやめて!」の意思表示が、大きな悲劇になることもあります。

    小さな子供の動きが、思いがけず犬の捕食衝動を駆り立ててしまうこともあります。

     

    それはその子が悪い犬だからでしょうか?

     

    いえいえ、忘れてはならないのは大人の管理責任です。

    ・子供に犬との接し方を教えてあげる

    ・犬に無理をさせないように、守ってあげるのは自分だと自覚する

    ・犬と子供だけにして目を離さない

    これがとても大切です。

     

     

    子供に対しては具体的な指示をしてあげると良いでしょう。

    たとえば「おやつをあげてね」ではなく「背中を伸ばして、手をお皿にしておやつをあげてね」というように。

     

     

     

     

     

     

     

     

    『犬の天敵は子供』という言葉もあります。

    犬にとっても子供にとっても楽しい交流にするには、大人のお手伝いが必要です。

    笑顔の裏で、常に監視と犬目線のサポートをお忘れなく。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM