知育トイ

0

    「知育トイ」ってご存知ですか?

     

    フードを中に詰められるおもちゃのことで、いろいろなタイプ&サイズのものが出回っています。

     

     

     

     

     

     

     

    頭を使って、前足や、鼻先や、舌を使って、楽しく食べられる知育トイ。

     

    わんちゃんの退屈対策やエネルギー発散にもってこいのアイテムです。

     

     

     

     

     

     

    いつものフードを詰めて食器代わりに使っても良いし、

     

    中身や詰め方の工夫をすれば、もっと長持ちさせることもできます。

     

     

     

     

     

     

    たとえばお子さんに「ママがご飯を作っている間はお絵かきしてて」とか

     

    「お客さんがいる間は自分の部屋でゲームしていていいよ」とか言うのと同じように

     

    「こっちが気になるだろうけど、しばらくそこで静かにしてて」とか

     

    「サークルの中でお留守番してて」とかいうときにも使えます。

     

     

     

     

     

     

    人間の都合で、わんちゃんに一人で静かに過ごしていてというのなら、

     

    本やゲームやTVの代わりになるようなお楽しみグッズは用意してあげたいですよね。

     

    お助けグッズとしても、いろいろな場面で便利に活用できます。

     

     

     

    まずは楽しく使って好きになってもらう練習から。

     

    子犬さんもすぐに夢中サキ

     

     

     

     

    それから・・・

     

    サイズが合っているか、壊して飲み込んだりしないか、などの安全確認は必要です。

     

    子犬さんの場合は、成長に合わせて大きなサイズに買い替えてください。

     

    パピー用の知育トイも、歯が生え変わってきたら成犬用にチェンジです。

     

     

     

     

     

     

     

    反応がいまひとつな場合は、わんちゃんのやる気がUPするような物を詰めると良いでしょう。

     

    転がした時に大きな音が出る物だと怖がる子もいます。

     

    たとえば、プラスティック製の円盤↓は、うちではマイしか使えません。

     

     

     

     

    私は主にゴム製のコング、ガジィ、ビジーバディーを使っています。

     

    1頭ずつトレーニングするときに、クレートで順番待ちの子に提供したりもしています。

     

     

     

     

     

     


    おもちゃ箱

    0

      遊び好きなわんちゃんにおススメしたいのが『おもちゃ箱』

       

      うちのおもちゃ箱はこんな感じです。

       

       

       

       

       

      何かやることないかな〜。

       

      遊びたいな〜。

       

      そんな時におもちゃ箱のところに行って

       

      好きなおもちゃを選んでいます。

       

       

       

       

       

      どれにしようかな〜。

       

      これじゃないな〜。

       

      あ、これこれ!

       

      そんな声が聞こえてくるようです。

       

       

       

       

      どんどん掘り出して

       

      中身を全部引っ張り出すこと自体を楽しんでいることもあります。

       

       

       

       

       

      こちら↓は2ケ月齢の子犬ちゃん

       

      既に、おもちゃ箱に行けば楽しいものがあることを理解しています。

       

       

       

       

      何かやることないかな〜。遊びたいな〜。

       

      そう思った時に身近に何もないと、わんちゃんは自分で楽しみを見つけます。

       

      家具をかじったり、ゴミ箱を覗いてみたり、人の手足を噛んでみたり…

       

      そんなお悩みにつながることがあります。

       

       

       

       

      わんちゃんの回りに楽しみをたくさん用意して

       

      環境を豊かにしてあげることは大切なこと。

       

       

       

      思う存分散らかして

       

      楽しく遊んで寝る!

       

       

       

       

      ああ、犬っていいな。犬になりたい!

       

      そう思ってしまう瞬間です。

       

       

       

       

       

       

      〈注意事項〉

       

      おもちゃでの遊び方、破壊力は犬それぞれ。

       

      愛犬の遊び方をあらかじめ観察して、飲み込んだりしない安全なものを用意しましょう。

       

      ぬいぐるみの目などの危ないパーツがあれば、最初から取り外す、

       

      壊れてきたら早めに捨てる、などの配慮をお忘れなく。

       

      なにごとも安全第一です。

       

       

       

       

       


      お水は器でたっぷりと。

      0

         

        わんちゃんがどうやってお水を飲むか、知っていますか?

         

         

         

         

        ご存知なかったら、一度よ〜く観察してみてください。

         

         

        わんちゃんは、舌を後方にレンゲのように丸めて、それでお水を持ち上げて飲みます。

         

         

         

         

         

        最近はペットショップで勧められるのか、

         

        ペットボトルを逆さにつける給水器をお使いの方が多いようです。

         

         

        給水器では、しみ出す水を舐めることしかできません。

         

        犬本来の自然な飲み方ができないばかりか、必要な量を飲めていない可能性があります。

         

         

        人間でいうと、常に細〜いストローで飲まなくてはならない感じ。

         

        ゴクゴク飲みたいときは、もどかしいですよね。

         

         

         

         

         

         

        子犬さんの場合、疲れて途中で飲むのをやめてしまうこともあり、

         

        その代りに自分のおしっこを飲むようになったりするケースもあるようです。

         

         

         

        健康のためにも、必要な分量のお水をしっかり飲んでもらいたい。

         

        だから是非、お水は器でたっぷり用意してあげてください。

         

         

         

         

         

         

         

        踏んだり、いたずらしたりしてこぼしてしまう・・・というのなら、

         

        ひっかけるタイプのものが各種市販されています。

         

        給水器にジョイントできるタイプもあります。

         

         

        給水器は、お留守番が長い場合の予備として、器と併用すると良いでしょう。

         

         

         

        ちなみに、我が家ではこちらのものを使っています。

         

         

         

         

        3頭いるので、このほかにも3か所にお水を置いてあります。

         

         

         

         

         

         


        わんちゃん用ベッド

        0

           

          わんちゃんにとって心地良いベッドを用意してありますか?

           

           

           

           

           

          サークルの中にしかベッドを置いていないお宅が多いのですが

           

          サークルの外にも是非ベッドを用意してあげてください。

           

           

           

           

           

           

           

           

          サークルから出すと大暴れ!ばかりではなく

           

          サークルの外でもゆっくり落ち着いて過ごす時間が持てるように。

           

          子犬さんの場合も、それが大切な経験になります。

           

           

           

           

           

           

           

           

          ベッドはわんちゃんのものですから

           

          時にはくわえて振り回す

           

          なんていう使い方をしていても、目くじらを立てないように。

           

           

          わんちゃんがまだ子犬さんなら

           

          買い替えやすいお値段のものを選ぶと良いでしょう。

           

           

           

           

           


          << | 2/2PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << June 2019 >>

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM