日課を苦手にしないために

0

    お散歩の前後は日課のオンパレード。

     

    決まってやることがあり、しかも手順も毎回同じ、という方がほとんどです。

     

     

    お散歩前なら、決まった場所からグッズを取り出し、ハーネスやお散歩用首輪やリードをつける・・・

     

    お散歩後には、それらを外す、足を拭く、お水を飲ませる・・・

    なかにはブラッシング、身体を拭く、などのケアも続けて行っている方もいるでしょう。

     

    それらを行う場所も、玄関やリビングや洗面所など、いつの間にか決まっているはずです。

    言われてみれば、わんちゃんとの向き合い方や位置関係も、どの足から拭くかも、無意識のうちに同じだったりします。

     

     

    毎日決まってやることは、わんちゃんも次に起こることの予測がつき、心の準備をしやすくなります。

     

     

    ・・・で、あるならば・・・

     

    「やばい!また嫌なアレが始まるよ。なんとかして逃げなくちゃ!」ではなく、

     

    「次はアレだね、ワクワク♪」だったり、

     

    「あ〜、次はアレでしょ〜、知ってるよ」と平常心で受け入れられる、

     

    そんな日課にしてあげたいものです。

     

     

    うちの場合、お散歩から帰ったらお風呂場で足を洗って歯を磨き、最後に足を拭いてから解放、がお決まりのコースです。


    お風呂場は広くもないので、いつもは名前を呼んで1頭ずつ入ってきてもらっています。

     

     

    この日は、私が何かちょっと他のことをしていたばっかりに、

     

    気がついたら入っていました。

     

    半開きのドアを押し開け、2頭一緒にDocomo_kao8

     

    せ、せまいじゃないかい!

     

     

     

     

     

    お風呂場に入ったらフードを1粒(ちょっとケチかな汗)進呈するのが、彼らとのお約束。

     

    「来てくれてありがとう」の感謝のしるしです。

     

    たったそれだけのことで、こんなに嬉しそうに毎日自分からやってきてくれるならば万々歳!

     

    たかが1粒、されど1粒。

     

    ずいぶんと価値のある貴重な1粒ということになります。

     

     

     

    日課を苦手にしないために、わんちゃんが好きな食べ物を上手に利用するのも一案です。

     

    効果的に使うには、その子の今の状況に合わせて、フードを出すタイミング、位置、頻度などを考えてみることも大切。

     

    そしてステップアップに伴い、それらを少しずつ変えていくこともまた有意義だったりします。

     

    家庭犬しつけインストラクターとして、そのようなことも個々に合わせてアドバイスさせて頂いています。

     

     

    何気ない毎日が、人と犬にとって、幸せな時間の積み重ねでありますようにき

     

     

     

     


    おもちゃを使ってコミュニケーション

    0

      パピーやジュニア犬に多いご相談に「手をじゃれ噛みする」というものがあります。

       

      そんなときはまず、いつもわんちゃんとどんな風に遊んでいるか、思い返してみて下さい。

       

      手をひらひらさせたり、わんちゃんの体を押したりして、手遊びしていませんか?

       

       

      人が手を使うように、犬は口を使います。

       

      口には当然歯が生えています。

       

      双方が楽しく遊ぶために、一緒に遊ぶときは素手ではなく、おもちゃを使うのがおススメです。

       

       

       

      「一緒に楽しく遊ぶ」ことは素晴らしいコミュニケーションで、絆が深まります。

       

      犬と人はもちろんですが、犬同士もおもちゃを使って遊ぶんですよ。

       

      楽しい「引っ張りっこ」はひとりではできませんからねぇ。

       

       

       

       

       

       

       

      特に同居犬の場合、遊びを通してお互いへの理解を深め、信頼関係ができていくのが観察できます。

       

      (場合によって、人間のサポートが必要な場合もあります)

       

       

       

      同じおもちゃを追うことも遊びのひとつ。

       

       

       

       

       

       

      でもやっぱり引っ張りっこの方が、信頼関係づくりには役立っているように感じています。

       

       

       

       

       

       

       

      時にはおもちゃを使って引っ張りっこに誘うこともあります。

       

       

       

       

      相手が乗り気じゃないときは、わざと床に置いたりしていますね。

       

      おもちゃでの遊びを誘うときの良いお手本になりそうです。

       

       

      わんちゃんと遊ぶときは、長めのおもちゃの方が、間違って歯が当たったりしなくて良いでしょう。

       

      わんちゃんとの遊び方のアドバイスも行っております。

       

      既に物守りなどの行動が見られて楽しく遊べない場合もご相談下さい。

       

       

       

       


      爪切り

      0

        我が家は3週間に1度ほどの頻度で爪切りをしています。

         

        その昔、先代犬モモの一件で懲りて以来、

         

        足を持たれることや爪切りに、良い印象を持ってもらうことに力を入れてきました。

         

         

         

        おかげで今や、爪切りの気配を感じると、集まる、集まる。

         

         

         

        我先にといった感じで、逆に交通整理が必要になっていますDocomo_kao8

         

         

         

         

        順番を決めたら、それぞれ切りやすい姿勢でいざ爪切り開始。

         

         

        リンとムギは抱っこで。

         

         

         

        大きなマイは床で。

         

         

         

         

        前足の爪を切る時は、「ゴロン」の合図でさらに寝転がってもらいます。

         

        *落ち着いて姿勢が保てるように、他の子とパーテーションで仕切っています。

         

         

         

        最初は大好物のチーズなどを使いながら切っていましたが、今ではドライフードでも喜んで切らせてくれるようになりました。

         

        とはいえ、この先もご褒美なしで切らせてもらうつもりはありません。

         

         

         

        犬にとって爪切りなんて嫌で当然。

         

        まずは大好きな食べ物をどんどん食べさせながら、

         

        一度に全部なんて言わずに、ご機嫌よく切らせてくれる本数だけ、

         

        「平和に終わらせること」を目標に始めるのがおススメ。

         

        足を引っ込めるなら、ギュッとつかまずに引っ込めさせてあげて

         

        委ねてもいいかな〜と力を抜いてくれるのを待ちます。

         

        沢山褒めてあげて、優しく鼻歌なんかを歌っちゃうのもいいですね〜。

         

        和やかな雰囲気は、飼い主さんにとっても、わんちゃんにとっても大切です。

         

         

         

        難しいなと思われる方は、トリミングサロンや動物病院にお願いするのもアリ。

         

        無理に自分で切ろうとして大切な関係を壊してしまうより、ずっと賢い選択です。

         

        既に、咬む、唸る、歯を当てるなど、心配な行動が見られる場合は

         

        わんちゃんを押さえつけたり、首を絞めたり、怒って我慢させるのではなく、

         

        爪切りが好きになるような方法を教えてくれる専門家にご相談下さい。

         

         

         

         

         


        シャンプー・ハイ

        0

          2016年が暮れようとしています。

           

          いやはや1年が早かった…。

           

           

          年末の大仕事といえば犬のシャンプー。

           

          我が家はおうちシャンプーです。

           

           

           

           

          そこそこのサイズの犬が3頭なので、これがかなりの重労働。

           

           

          洗うだけならまだしも、

           

          ドライヤーで乾かし、散らかった抜け毛を掃除するのがこれまた大変!

           

          まるで雪のように、頭の上に白い毛が降り積もったりもします。

           

          全部の作業が終了するまでに何時間もかかり、トリマーさんのお仕事って大変なんだろうなぁとつくづく思います。

           

           

           

          その間、洗われた犬達は何をしているかと言うと・・・

           

           

           

          暴れています汗

           

           

           

          高速でびゅんびゅん走り回っていたり

           

           

           

           

           

          犬同士で何ごとかを、しでかしていたり

           

           

           

           

           

          おもちゃを散らかし破壊していたり。

           

           

           

           

           

           

          犬は洗われるとなぜか盛り上がっちゃうようで

           

          私はこれをシャンプー・ハイと呼んでいます。

           

           

          なぜかはよくわかりません。

           

          「体温を上げて被毛を早く乾かすためだ」と書いてある記事を読んだことがありますが、

           

          本当のところは犬に聞いてみないとわからないですねぇ。

           

           

          いつもトリミングサロンを利用されている飼い主さんは、もしかしたらご存知ないかも?

           

          なかなか無邪気で笑えます。

           

           

          そもそもサロンで洗ってもらった犬達はどうしているのかな。

           

          走るスペースや、発散する物品がないかもしれないし、

           

          そもそも自宅じゃないから遠慮もあるかもしれない。

           

          いやいやうちは野生児だから特別なのかも?

           

          そんなことを考えた年末でした。

           

           

          みなさま、わんちゃん達と良いお年をお迎えください。

           

           

           

           


          楽しくかぶろう!

          0

             

            かぶり物の季節がやってきました。

             

             

             

             

            クリスマスやら、お正月やら、

             

            愛犬にいつもと違う変なものを

             

            かぶせるご予定がある方も多いのではないでしょうか?

             

             

             

             

            かくいう私も、ご覧の通りいろいろとやっちゃっています。

             

             

             

             

             

            でもこれは人間の楽しみや満足のためのもの。

             

            わんちゃんは「これをかぶって写真を撮りたい!」なんて言わないわけで…。

             

             

            だったらせめて、わんちゃんにとって楽しいかぶせ方をしてあげましょう。

             

             

            「待て!待て!」「動いちゃダメ!」なんて怒りながらじゃなく、

             

            押さえつけて無理やりかぶせるのでもなく、

             

            わんちゃんが喜んでかぶりたくなる方法で。

             

             

             

             

            ちなみに我が家の犬達は、早くかぶろうと集まってきて、順番待ちの状態になります。

             

             

             

             

             

            かぶり物だけでなく、日常生活でも同様です。

             

            ハーネス、リード、首輪、エリザベスカラー、お洋服、口輪、などなど

             

            わんちゃんが嫌がって装着に手間取ったり、

             

            わんちゃんを追い詰めるような状況になっていませんか?

             

            飼い主さんが、わんちゃんも納得できる方法を知っていれば、いろいろな場面に応用できるのです。

             

             

             

             

             

             

            さてさて、

             

            双方楽しく、上手にかぶせることができたら、

             

            「可愛い!」「似合うね!」って笑顔で褒めることと、

             

            「私のためにかぶってくれてありがとう」のお礼(=美味しいご褒美)も忘れずに。

             

             

             

             

             


            << | 2/3PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM